医師としての、
長いキャリアの最後を、
東北のために使っていただけないでしょうか。



お医者さんがいない。

人にとって、それはどんなに不安で心細いものでしょうか。
仮定の話ではなく、いままさに、その現実に直面している人々がいます。
東北の人々です。
人口6万人の福島県二本松市には、出産を扱う産婦人科医がひとりもいません。
宮城県石巻市では、過労で自殺するお医者さんが出ました。
幼い子どもを抱え、止むなく東北を離れるお医者さんもあとを絶ちません。

放ってはおけません。
何もかも恵まれた地域に住む者こそ、そんな人々のことを考えなければいけない。
そう思うのです。

お願いがあります。

医師としての長いキャリアを持つあなた。
子どもも独立したから、そろそろのんびりしようかなと考えているあなた。
どうか、豊かな知識と経験を持つあなたの力を、この地のために使っていただけないでしょうか。

引っ越してほしいとは言いません。
例えば、一年のうち100日だけあなたの時間を分けていただく。
そんな柔軟な参加のしかたでいいのです。
有志の力が、5人、10人と集まれば、きっと何かが変わってゆく。
そう信じています。
人の幸せは、健康があってこそ生まれるもの。
そのことを、誰よりも知るあなたの力が、やがて東北の力になってくれることを心から祈っています。


この「ウィンドウ」を閉じる

元のページを開く